メルドニウムの効果と副作用

2016年03月11日

テニスのマリア・シャラポワの会見が行われましたね。

内容は、禁止薬物のメルドニウムを摂取し、ドーピング検査で違反が見つかったという公表で一見すると、「知らなかった私の責任」だというような内容で「大きな勇気だ」と称賛する声もあったようでしたけど、その後のニュースなどでは、「少なくとも5回は通告を受けていた」とか、「ロシア連盟も選手とコーチに気をつけるように指示していた」などという報道があり、ちょっと胡散臭くなってきましたね。

ちなみに、このメルドニウムという薬物は、2016年1月1日から世界反ドーピング機関(WADA)により禁止リストに追加されていたそうで、もともとは、心血管疾患の治療用の薬として開発されていたものです。

日本やアメリカではその利用は認可されていませんが、ロシアやリトアニアでは認可されており、主な作用としては狭心症の薬として販売されており、簡単に言うと血液の循環を促進する作用があります。

そして、それをアスリート側の観点から見ると、持続力や持久力の向上や疲労からの回復力が上がるなどメリットが多く、その代償としてのデメリットは、アレルギー反応や消化不良などを起こすことばあるのだそうです。

報道ではシャラポワは10年間も服用していたとのことですが、このことによって、スポンサーである「ナイキ」「タグ・ホイヤー」「ポルシェ」が続々と契約を見直していますから、大きな代償を払うことになりましたね。

PR

涙活ドラマ『初心-はつごころ-』

ロシアのドーピング問題は、まだまだ終わりそうにありませんね・・・



タグ :ドーピング

同じカテゴリー(薬剤)の記事画像
30年ぶりに承認された新規便秘治療薬
薬剤師不在でも販売可能
かかりつけ薬局
同じカテゴリー(薬剤)の記事
 モルヒネに代わる副作用のない鎮痛薬 (2016-08-19 14:02)
 ジェネリック医薬品 (2016-08-15 17:04)
 30年ぶりに承認された新規便秘治療薬 (2016-07-26 18:01)

Posted by 寺島寿樹  at 11:23 │Comments(0)薬剤

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。