2016年07月06日

ヴィキラックスで急性腎不全恐れ

厚生労働省がC型肝炎治療薬「ヴィキラックス」で急性腎不全を起こす恐れがあるとして、薬の添付文書の「重大な副作用」に追加記載するよう製造販売元のアッヴィ合同会社に指示したのだそうです。

ヴィキラックス

これは、昨年11月の販売開始以降、およそ3000人が服用したようですが、そのうち薬剤との因果関係を否定できない急性腎不全が9人報告され、その9人のうち70代の男性が死亡したのだそうです。

ヴィキラックスの概要

ヴィキラックスは、C型肝炎のジェノタイプ1型ウイルスを駆除するための抗ウイルス薬で、NS5A阻害剤のオムビタスビルとNS3/4A阻害剤のパリタプレビル/リトナビルを配合した合剤で、速やか且つ強力な抗ウイルス作用を発揮にする配合薬で、1日に1回2錠を経口服用し、投与期間は12週間(約3ケ月)となっています。

ヴィキラックス配合錠の「使用上の注意」改訂

これまで、C型肝炎の治療は、インターフェロンが中心で副作用に悩まされていたのですが、今回のヴィキラックスは、インターフェロンを使わない飲み薬として日本のC型肝炎治療は、肝炎ウイルス撲滅への最終章に入ったと言われるほど、期待が高かったのですが、うまくいかないものですね。

腎機能が低下している患者への投与には、特に注意するよう求められています。

厨房買取   

Posted by 寺島寿樹  at 11:55Comments(0)医療

2016年04月08日

診療報酬が変わりましたね。

今月1日に行われた診療報酬改定では、薬剤師が薬の飲み方などを指導した際、薬局の報酬となる「薬剤服用歴管理指導料」の対象として、電子版のお薬手帳が新たに追加されました。

お薬手帳

これは、かかりつけ薬局を持つよう促すために導入されたのですが、このお薬手帳を持参し、半年以内に同じ薬局を2回以上利用すれば、医療費が安くなるというもので、これを薬局に持っていかなければ、はっきりいって損をすることになります。

そもそも、このお薬手帳というものは、自分が使っている薬の名前や使用している量、日数、使用法などを記録するもので、東日本大震災の時に、このお薬手帳が役に立ったため、国がお薬手帳の普及に努めています。

しかし、国が頑張っている割には、このお薬手帳って、知られていないですよね?
どうやって作るのかがわからなかったり、そもそもどこで手に入るのかさえ、知らない人も多いのではないでしょうかね?

まず、このお薬手帳は無料でもらえますので、持っていない場合、病院で処方せんをもらったら、保険薬局でつくってもらいましょう。
または、薬局に行って「お薬手帳が欲しい」と言えば、貰うことができます。

また、スマートフォンの普及に伴い、様々な機能が搭載された電子お薬手帳も増えてきていますから、持っていない人は今後のためにもぜひとも作っておきたいものですね。

株式会社ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:塚本 厚志、以下 ココカラファイン)は、お薬手帳アプリを大幅リニューアルし、2016年7月1日(金)に公開いたしました。

厚生労働省の統一規格に準じており、ココカラファイングループの全薬局に加えて、お薬手帳アプリに対応している他企業の薬局でも利用できる。

  
タグ :お薬手帳


Posted by 寺島寿樹  at 12:50Comments(0)医療

2015年12月02日

ジェネリックの価格引き下げの方針を固まった

厚生労働省は安価なジェネリックの価格引き下げの方針を固めたそうですね。
現在のジェネリックの価格は6割となっていて、それをさらに1割安くなる5割にするのだそうです。

医療費抑制のためにジェネリックの使用促進をすすめているようですが、医療においては安いほうがいいなんて発想はあまりないのでしょうし、多くの人はジェネリックってなんぞ??と思っているのではないでしょうかね。

もちろん、安いに越したことはないのですが、意識的に高いほうが効くのではないかと思ってしまいますよね。

ちなみにそのジェネリックなんですが、一般的にジェネリック医薬品といって日本語にすると「後発医薬品」と呼ばれるものです。
なにが後発なのかというと、新薬、つまり先発医薬品の特許が切れたあとに販売されるもので、新薬と同じ有効成分、同じ効き目を持っているけれど値段の安い薬のことなのです。

薬に特許なんていらないだろっ!って思われるかもしれませんが、実は先発医療品を作るためには開発費、製造費のコストが数百億円というとてつもない費用がかかってしまいますし、また完成までに10年ほどの期間もかかってしまいます。

なので、特許という形で独占権を与えてもらわなければ、到底やっていけないものなのです。

そして、その特許期間が終わることにより、その製造方法が無料で開放され、みなの共有財産となるのです。

ちなみに2013年でのジェネリックの普及率は46.9%とのことで、政府はこの数字を80%までの普及率にしたいのだそうです。

ここまで書くと、ジェネリックっていいことづくめのようですが、それにも関わらず普及率が一向に伸びてこないのには理由があって、「先発医療薬=ジェネリック医療薬」というわけではないからなのです。

なかには新薬からジェネリックに変えて、薬の効きが悪くなったというような例もあり、一概に安くて同じものなのだという認識は危険です。
中には粗悪な品質管理体制なジェネリックメーカーもありますし、信頼度で言えば、先発医療薬にはかないません。

やはり開発・研究・製造・検証にお金をつぎ込んだ先発薬と、それを真似るだけのジェネリックでは全く同じものができるというわけではありませんよね。

まぁ、同じカレーの具材で料理しても、その料理方法の違いによって味が変わるというのと同じです。

なので、安いからといってジュネリックに飛びつくのは懸命ではありません。
先発薬とは全く別物として捉えたほうがいいのかも知れません。

  


Posted by 寺島寿樹  at 12:37Comments(0)医療