2016年05月02日

かかりつけ薬剤師制度って大丈夫?

国は、「かかりつけ薬剤師」制度を推進したいようですけど、これ、問題だらけで一体誰が考えたのでしょうね?
少なくとも現場レベルの人は、制度策定に関わっていないのではないでしょうかね?

そもそも、かかりつけ薬剤師と簡単にいいますけど、担当する薬剤師側に幾つかの条件があって、まずは定められた研修を修めた認定薬剤師であることと、実務経験3年以上であり、当該薬局の在籍6か月以上、なおかつ1週間の勤務時間が32時間以上であることが条件として盛り込まれています。

まぁ、これは実務経験など知識を考慮すると、当然のことなのかもしれませんが、問題は、これ、
患者への投薬・服薬指導は、基本的にかかりつけ薬剤師が担当し、さらに薬剤師は自らの勤務表を患者に交付し、薬局が閉まっている時間帯でも、24時間担当患者からの電話に対応しなければならないこと。

もう、これはブラック以外のなにものでもありませんね。
24時間対応って、薬剤師は眠れないんかい!!!!
あげく、患者さんに勤務表を渡すって、アホらしくて驚いてしまいます。

薬剤師には女性もいるわけですし、ストーカー行為も起こりうる状況ですよね。
だって勤務表も知られているし、おまけに24時間対応しなければならないのですよ?

このシステムは、薬剤師に人権を放\放棄しろって言ってるようなものですよね・・・。

薬剤師が不足しているという現状があるというのに、このようなブラックシステムでは薬剤師になろうなんて思う人いませんよね・・・。

仮に月収100万円貰えると言ってもやりたくない職業ですよね。

偉い人たちは一体何を考えているのでしょうね・・・

  


Posted by 寺島寿樹  at 13:29Comments(0)薬剤師

2015年11月27日

薬剤師を大事にしているメーカー

薬剤師を対象にした意識調査によると、「薬局・薬剤師を大事にしているメーカー」で見事に1位となったのが第一三共なのだそうです。
以下、2位がファイザー、3位がサノフィとのこと。

調査はWeb上のアンケートによるものだそうで、製薬企業55社を対象とした保険薬局勤務の薬剤師300人、病院・診療所勤務の薬剤師150人。

ちなみにこの結果は、「薬剤師が選ぶ製薬企業イメージ調査 ランキングレポート2015」としてまとめられています。

ちなみにこの調査のレポートも販売されているようで、お値段は54,000円(税込)となっています。
金額的にもっと詳細なレポートが見れそうですね。

また、調査全17項目でのランキングによると1位がファイザー、2位が武田薬品、3位が第一三共となっています。

しかし、メーカー側も単純に製品の開発だけでなく、営業スタイルやイメージ戦略など、他方にも目を向けていかなければならない時代となったのですね。

  

Posted by 寺島寿樹  at 12:57Comments(0)薬剤師

2015年09月08日

アメリカの薬剤師は最も信頼される職業

アメリカの薬剤師は最も信頼される職業の上位に位置しています。

というのも、アメリカのギャロップ社では、毎年、職業別「誠実度と倫理観」に関する世論調査を実施しているそうで、その調査では、択材氏の信頼度は高く、1983年から常にランキングのトップ3に入っているそうです。

これって凄いことですよね?
これに比べて日本では、どうも薬剤師が軽んじられている傾向がありますね。

とはいえ、これから高齢化が進んでいく日本では、ドラッグストア市場の規模は成長していくと見られていて、いまはその立場が軽んじられている日本でも、薬剤師の立場はよくなっていく傾向が進んでいくかも知れません。

また、薬剤師に求められる役割は着実に増えていくような気がしますし、医師自体が世襲制となっているような日本の環境下では、ひょっとすると薬剤師のできることが増えていったほうがいいのかもしれませんね。

  
タグ :薬剤師


Posted by 寺島寿樹  at 11:00Comments(0)薬剤師