死刑に薬使わせない!

2016年05月16日

製薬会社のファイザーが、死刑執行において「自社製品が用いられないように流通を規制する」と発表しましたね。

ヘルスケア分野に特化したインターブランドヘルスが、グローバルの医薬ブランドを対象としたランキングで見事に1位を獲得したファイザーですが、昨年、執行に使われている薬物などを製造してきたホスピラ社を買収しており、今回の発表では「製品は患者の命を救ったり、良くしたりするためだけに製造しており、極刑の執行で用いられることに強く抗議する」と表明しています。

アメリカでは、麻酔薬などの注射による死刑執行が一般的なのだそうですが、これにより通常の流通では麻酔薬を購入することができなくなり、アリゾナ州、オクラホマ州、オハイオ州は、数ヶ月判決の実行を延期することを決めたのだそうです。

しかしながら、一部の州は、電気椅子やガス室を使用する意向を発表しているそうで、ユタ州は銃殺への回帰の準備を示したのだそうです。

これって本当に難しい問題ですよね。
今回のことで死刑執行がなくなってくれればいいのでしょうけど、薬がなくなったからといって即死刑執行が無くなるなんてことはあり得ず、やはり別の処置が取られてしまい、その処置はさらに残酷なものになってしまいます。

人が人を裁くということ、被害者側の思い、冤罪の可能性。
色々なことを色々な立場から考えると、死刑執行の是非を決めるのは、本当に難しいものです。

そもそも論で言うと、犯罪なんて起こらなければいいのでしょうけど、こんなに多くの人間が関わりを持って生活している中では、不平不満が起こるなんてことは当然ですし、人間に感情がある以上、それを抑制なんてできませんからね。

  
タグ :死刑執行


Posted by 寺島寿樹  at 11:54Comments(0)薬剤

かかりつけ薬剤師制度って大丈夫?

2016年05月02日

国は、「かかりつけ薬剤師」制度を推進したいようですけど、これ、問題だらけで一体誰が考えたのでしょうね?
少なくとも現場レベルの人は、制度策定に関わっていないのではないでしょうかね?

そもそも、かかりつけ薬剤師と簡単にいいますけど、担当する薬剤師側に幾つかの条件があって、まずは定められた研修を修めた認定薬剤師であることと、実務経験3年以上であり、当該薬局の在籍6か月以上、なおかつ1週間の勤務時間が32時間以上であることが条件として盛り込まれています。

まぁ、これは実務経験など知識を考慮すると、当然のことなのかもしれませんが、問題は、これ、
患者への投薬・服薬指導は、基本的にかかりつけ薬剤師が担当し、さらに薬剤師は自らの勤務表を患者に交付し、薬局が閉まっている時間帯でも、24時間担当患者からの電話に対応しなければならないこと。

もう、これはブラック以外のなにものでもありませんね。
24時間対応って、薬剤師は眠れないんかい!!!!
あげく、患者さんに勤務表を渡すって、アホらしくて驚いてしまいます。

薬剤師には女性もいるわけですし、ストーカー行為も起こりうる状況ですよね。
だって勤務表も知られているし、おまけに24時間対応しなければならないのですよ?

このシステムは、薬剤師に人権を放\放棄しろって言ってるようなものですよね・・・。

薬剤師が不足しているという現状があるというのに、このようなブラックシステムでは薬剤師になろうなんて思う人いませんよね・・・。

仮に月収100万円貰えると言ってもやりたくない職業ですよね。

偉い人たちは一体何を考えているのでしょうね・・・

  


Posted by 寺島寿樹  at 13:29Comments(0)薬剤師

診療報酬が変わりましたね。

2016年04月08日

今月1日に行われた診療報酬改定では、薬剤師が薬の飲み方などを指導した際、薬局の報酬となる「薬剤服用歴管理指導料」の対象として、電子版のお薬手帳が新たに追加されました。

お薬手帳

これは、かかりつけ薬局を持つよう促すために導入されたのですが、このお薬手帳を持参し、半年以内に同じ薬局を2回以上利用すれば、医療費が安くなるというもので、これを薬局に持っていかなければ、はっきりいって損をすることになります。

そもそも、このお薬手帳というものは、自分が使っている薬の名前や使用している量、日数、使用法などを記録するもので、東日本大震災の時に、このお薬手帳が役に立ったため、国がお薬手帳の普及に努めています。

しかし、国が頑張っている割には、このお薬手帳って、知られていないですよね?
どうやって作るのかがわからなかったり、そもそもどこで手に入るのかさえ、知らない人も多いのではないでしょうかね?

まず、このお薬手帳は無料でもらえますので、持っていない場合、病院で処方せんをもらったら、保険薬局でつくってもらいましょう。
または、薬局に行って「お薬手帳が欲しい」と言えば、貰うことができます。

また、スマートフォンの普及に伴い、様々な機能が搭載された電子お薬手帳も増えてきていますから、持っていない人は今後のためにもぜひとも作っておきたいものですね。

株式会社ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:塚本 厚志、以下 ココカラファイン)は、お薬手帳アプリを大幅リニューアルし、2016年7月1日(金)に公開いたしました。

厚生労働省の統一規格に準じており、ココカラファイングループの全薬局に加えて、お薬手帳アプリに対応している他企業の薬局でも利用できる。

  
タグ :お薬手帳


Posted by 寺島寿樹  at 12:50Comments(0)医療