かかりつけ薬剤師制度って大丈夫?

2016年05月02日

国は、「かかりつけ薬剤師」制度を推進したいようですけど、これ、問題だらけで一体誰が考えたのでしょうね?
少なくとも現場レベルの人は、制度策定に関わっていないのではないでしょうかね?

そもそも、かかりつけ薬剤師と簡単にいいますけど、担当する薬剤師側に幾つかの条件があって、まずは定められた研修を修めた認定薬剤師であることと、実務経験3年以上であり、当該薬局の在籍6か月以上、なおかつ1週間の勤務時間が32時間以上であることが条件として盛り込まれています。

まぁ、これは実務経験など知識を考慮すると、当然のことなのかもしれませんが、問題は、これ、
患者への投薬・服薬指導は、基本的にかかりつけ薬剤師が担当し、さらに薬剤師は自らの勤務表を患者に交付し、薬局が閉まっている時間帯でも、24時間担当患者からの電話に対応しなければならないこと。

もう、これはブラック以外のなにものでもありませんね。
24時間対応って、薬剤師は眠れないんかい!!!!
あげく、患者さんに勤務表を渡すって、アホらしくて驚いてしまいます。

薬剤師には女性もいるわけですし、ストーカー行為も起こりうる状況ですよね。
だって勤務表も知られているし、おまけに24時間対応しなければならないのですよ?

このシステムは、薬剤師に人権を放\放棄しろって言ってるようなものですよね・・・。

薬剤師が不足しているという現状があるというのに、このようなブラックシステムでは薬剤師になろうなんて思う人いませんよね・・・。

仮に月収100万円貰えると言ってもやりたくない職業ですよね。

偉い人たちは一体何を考えているのでしょうね・・・

  


Posted by 寺島寿樹  at 13:29Comments(0)薬剤師

診療報酬が変わりましたね。

2016年04月08日

今月1日に行われた診療報酬改定では、薬剤師が薬の飲み方などを指導した際、薬局の報酬となる「薬剤服用歴管理指導料」の対象として、電子版のお薬手帳が新たに追加されました。

お薬手帳

これは、かかりつけ薬局を持つよう促すために導入されたのですが、このお薬手帳を持参し、半年以内に同じ薬局を2回以上利用すれば、医療費が安くなるというもので、これを薬局に持っていかなければ、はっきりいって損をすることになります。

そもそも、このお薬手帳というものは、自分が使っている薬の名前や使用している量、日数、使用法などを記録するもので、東日本大震災の時に、このお薬手帳が役に立ったため、国がお薬手帳の普及に努めています。

しかし、国が頑張っている割には、このお薬手帳って、知られていないですよね?
どうやって作るのかがわからなかったり、そもそもどこで手に入るのかさえ、知らない人も多いのではないでしょうかね?

まず、このお薬手帳は無料でもらえますので、持っていない場合、病院で処方せんをもらったら、保険薬局でつくってもらいましょう。
または、薬局に行って「お薬手帳が欲しい」と言えば、貰うことができます。

また、スマートフォンの普及に伴い、様々な機能が搭載された電子お薬手帳も増えてきていますから、持っていない人は今後のためにもぜひとも作っておきたいものですね。

株式会社ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:塚本 厚志、以下 ココカラファイン)は、お薬手帳アプリを大幅リニューアルし、2016年7月1日(金)に公開いたしました。

厚生労働省の統一規格に準じており、ココカラファイングループの全薬局に加えて、お薬手帳アプリに対応している他企業の薬局でも利用できる。

  
タグ :お薬手帳


Posted by 寺島寿樹  at 12:50Comments(0)医療

メルドニウムの効果と副作用

2016年03月11日

テニスのマリア・シャラポワの会見が行われましたね。

内容は、禁止薬物のメルドニウムを摂取し、ドーピング検査で違反が見つかったという公表で一見すると、「知らなかった私の責任」だというような内容で「大きな勇気だ」と称賛する声もあったようでしたけど、その後のニュースなどでは、「少なくとも5回は通告を受けていた」とか、「ロシア連盟も選手とコーチに気をつけるように指示していた」などという報道があり、ちょっと胡散臭くなってきましたね。

ちなみに、このメルドニウムという薬物は、2016年1月1日から世界反ドーピング機関(WADA)により禁止リストに追加されていたそうで、もともとは、心血管疾患の治療用の薬として開発されていたものです。

日本やアメリカではその利用は認可されていませんが、ロシアやリトアニアでは認可されており、主な作用としては狭心症の薬として販売されており、簡単に言うと血液の循環を促進する作用があります。

そして、それをアスリート側の観点から見ると、持続力や持久力の向上や疲労からの回復力が上がるなどメリットが多く、その代償としてのデメリットは、アレルギー反応や消化不良などを起こすことばあるのだそうです。

報道ではシャラポワは10年間も服用していたとのことですが、このことによって、スポンサーである「ナイキ」「タグ・ホイヤー」「ポルシェ」が続々と契約を見直していますから、大きな代償を払うことになりましたね。

PR

涙活ドラマ『初心-はつごころ-』

ロシアのドーピング問題は、まだまだ終わりそうにありませんね・・・

  
タグ :ドーピング


Posted by 寺島寿樹  at 11:23Comments(0)薬剤