2015年09月08日

アメリカの薬剤師は最も信頼される職業

アメリカの薬剤師は最も信頼される職業の上位に位置しています。

というのも、アメリカのギャロップ社では、毎年、職業別「誠実度と倫理観」に関する世論調査を実施しているそうで、その調査では、択材氏の信頼度は高く、1983年から常にランキングのトップ3に入っているそうです。

これって凄いことですよね?
これに比べて日本では、どうも薬剤師が軽んじられている傾向がありますね。

とはいえ、これから高齢化が進んでいく日本では、ドラッグストア市場の規模は成長していくと見られていて、いまはその立場が軽んじられている日本でも、薬剤師の立場はよくなっていく傾向が進んでいくかも知れません。

また、薬剤師に求められる役割は着実に増えていくような気がしますし、医師自体が世襲制となっているような日本の環境下では、ひょっとすると薬剤師のできることが増えていったほうがいいのかもしれませんね。

  
タグ :薬剤師


Posted by 寺島寿樹  at 11:00Comments(0)薬剤師