処方薬もオンライン

2018年07月13日

調剤薬局に行かなくても、インターネットで薬剤師が処方薬の飲み方を教えてくれる「オンライン服薬指導」が本格的に動き出したようですね。

愛知県オンライン

というのも、7月5日、愛知県のアイン薬局稲沢店が、りゅう市役所北内科・リハビリ科のオンライン診療と連携し、1例目のオンライン服薬指導を行ったのだそうで、これによって処方薬は服薬指導後、郵送で患者の手元に届くのだそうです。

このオンライン診療とオンライン服薬指導が現実的になっていくとかなりの時間や負担が軽減されますよね。

なにせ高血圧などの生活習慣病、気管支喘息など慢性疾患、働き盛りや子育て世代など通院の時間を取るのが難しい患者さんが、治療継続を後押しすることが期待されていますから。

今回のケースは、インターネットやテレビなどの情報通信機器を用いたオンライン服薬指導事業が全国で初めて愛知県の国家戦略特区で行われたもので、対面での服薬指導を義務付けている医薬品医療機器等法(薬機法)も2019年に改正が予定されていますから、この試みが成功すれば、今後の医療のあり方の新しい形が生まれてくるかも知れません。

とはいえ、課題もまだまだ多いようで、特区とはいえ、今回のサービスを利用する条件が厳しいようで、オンライン服薬指導を受けるためには「居住地から16キロメートル圏内に調剤薬局がない」という条件があるのだそうです。

また、、オンライン診療(保険対象)には「緊急時に30分で行ける範囲に医療機関がなければならない」といった規定があるようで、こうなってくるとオンラインというメリットが薄れてしまいますよね。

まぁ、ある程度制限をかけなければならないのは当然ですが、まずはテスト的な運用ですので、なんの制約もないところから徐々に制限をかけていくというような方法のほうがいいような気がするんですけどね。

  
タグ :オンライン


Posted by 寺島寿樹  at 16:52Comments(0)ブログ

「管理薬剤師ネクスト講座」開始

2018年02月14日

ファイザーが、薬剤師を対象とした教育プログラム「管理薬剤師ネクスト講座」(5回シリーズ)を25日から開始するようです。

これは、薬剤師や経営者、その他の医療従事者向けに昨年開設した「ファイザーエッセンシャルアカデミー」の新たな取り組みの一環となっていて、第1回目の講座が、2月25日に東京で開催され、ファルメディコの狭間研至社長が総合座長を担当し、最新の治療や薬剤に関する情報に加え、管理薬剤師に必要なビジネスやマネジメントに関する内容などは取り上げられるようで、22回目以降は、拠点会場を変え、全国14カ所の視聴会場へライブ配信するのだそうです。

管理薬剤師ネクスト講座

管理薬剤師ネクスト講座とは

管理薬剤師ネクスト講座は、管理薬剤師から経営者の方に特化し、構成された教育プログラムです。
最新の治療や薬剤に関する情報に加え、管理薬剤師としてより高い業務を行うために必要な、ビジネスやマネージメントに関する内容もカバーした講演内容となっています。

講義を通じて、薬局・薬剤師の皆様の将来の方向性と展望を示せるよう、ファイザーは薬剤師の皆様と寄り添って応援してまいります。

  

Posted by 寺島寿樹  at 10:57Comments(0)薬剤師

モルヒネに代わる副作用のない鎮痛薬

2016年08月19日

モルヒネと同等の鎮痛効果があるにも関わらず、副作用がないと考えられる合成薬剤の開発ができたという発表がありましたね。

まず、モルヒネの作用としては、痛みの抑制系を亢進するオピオイド受容体と結合することにより傷みを抑えるという作用があります。
ですので、主に鎮痛目的で用いられており、有効限界がないのも特徴となっていて、より強い痛みに対しては用量を増やすことで対応することが可能となっています。

また、他にも咳を抑える効果や下痢を止めるために使われることもあります。

ここまで見てみると、ものすごく素晴らしい効果ばかりではありますが、やはり良いことの裏側には副作用もあり、下痢を止めるということは、便秘にもなるということでもあり、モルヒネを使い始めたときや増量したときなどには、眠気やめまい、ぼんやりとした感じがあらわれやすくなります。

しかし、人間の体の凄さは耐性ができることにより、役1週間程度で軽減していきます。

とはいえ、モルヒネの一番やっかいな副作用は、やはり依存症になってしまうことで、この依存には「精神依存」と「身体依存」の2通りが存在しています。

精神依存については、モルヒネの使用をコントロールできなくなってしまい、モルヒネを欲してしまうようになりますし、身体依存については、モルヒネが常になければ、代謝が正常に行われなくなり、モルヒネが切れると激しい禁断症状などが起こります。

ですので、今回のモルヒネと同等の鎮痛効果を持ちつつ、副作用のない薬というのは、まさに奇跡のような薬で、いち早く医療現場で使えるようになってほしいものですね。

  
タグ :モルヒネ


Posted by 寺島寿樹  at 14:02Comments(0)薬剤